やってはいけない洗顔方法

思春期ニキビ対策でやってはいけない5つの洗顔方法

思春期ニキビ対策でやってはいけない5つの洗顔方法

 

思春期ニキビを治すためには
やってはいけない5つの洗顔方法があります。
やってはいけない洗顔をしていると思春期ニキビは
治るどころか逆に増えてしまうので注意が必要です。

 

 

そこで今回は思春期ニキビ対策で
やってはいけない洗顔方法をお伝えします。
頑張って洗顔しても逆効果では悲しいので
あなたの今の洗顔方法を見直しておきましょう。

 

 

 

ゴシゴシ擦って洗顔している

 

洗顔は泡で優しくが基本です。
ゴシゴシ擦ってしまうと肌表面から真皮まで傷つき、
肌のバリア機能が低下して乾燥しやすくなります。
すると洗顔しているのに皮脂の分泌が増えることになります。

 

 

 

1日に何回も洗顔してしまう

 

思春期ニキビがあるとなんとか治そうと
1日に何回も洗顔している方もいますがこれも逆効果。
洗顔しすぎると肌に必要な皮脂が洗い流されてしまいます。
するとそれを補おうと体は皮脂の分泌を増やすので
思春期ニキビ対策としては逆効果です。

 

 

最適な洗顔回数は1日2回、朝晩でOKです。
汚れや皮脂を洗い流すのは2回で十分なので
洗顔しすぎないようにしましょう。

 

 

 

洗顔料を泡立てずに洗顔している

 

めんどくさいからといって
洗顔料を泡立てずに使うと肌に負担がかかります。
すすぎの際にも顔にヌメリが残りやすくなるので
そのままにすると汚れとして肌に残りニキビの原因となります。

 

 

めんどくさがらずに泡立ててから洗顔しましょう。
泡立たない洗顔料なら洗顔料自体を替えるべきです。

 

 

 

洗顔する水が熱すぎるか冷たすぎる

 

洗顔するときはぬるま湯ですべて行うのが最適です。
熱いお湯で行うと必要な皮脂まで洗い流され、
乾燥が進み皮脂の分泌が増えてしまいます。
逆に冷たい水だと毛穴が締まってしまい、
奥まで汚れが落とせずニキビの原因となります。

 

 

特に夏の暑い時期や冬の寒い時期には
気分よくするためにお湯だったり水で
洗顔してしまいがちなので注意しましょう。

 

 

 

スクラブ入りの洗顔料を使っている

 

確かにスクラブが入っていると
汚れが落ちているように感じます。
ですが、あれは肌の表面を傷つけているだけ。

 

 

スクラブの大きさは毛穴よりもかなり大きいので
毛穴の奥まで汚れを落とせるものではありません。
なのに肌を傷つけてバリア機能を低下させ、
乾燥して皮脂の分泌が増えることになります。

 

 

 

 

以上が思春期ニキビ対策でやってはいけない5つの洗顔方法です。
これらの洗顔は絶対にしないようにしましょう。

 

 

 

>>>思春期ニキビに効く洗顔料を7万人のお悩み相談から開発!TOPへ戻る

 

 

毎月の化粧品代を簡単確実に稼ぐテクニック!


毎月の化粧品代って結構かかりますよね。
でも毎月3万円確実に片手間で稼げたらどうでしょう?

女性の毎月の化粧品代の平均は1〜1.5万円なので
余裕でまかなえてしまいますよね。
それどころかワンランク上の化粧品を
選べるようになります。


この度、私がお世話になっている西村さんが
新規メルマガ発行記念で先着100名だけに
「誰でも簡単!月3万円の副収入を楽勝で得る方法」
という無料レポートをプレゼントしてくれます。

実は私もコレで隠れて稼いでいます。
高品質の化粧品で美人へ近道したい方は
チェック必須です↓↓

メルマガ登録ボタン

※メールマガジン「ベストライフ〜自由な選択と最高の感情〜」 に登録されます